PASONA_27_TP_V

世の中は失礼な人間が9割だと思っています。

  • コンビニで偉そうな態度を取るお客
  • 飲食店で偉そうな態度を取るお客
  • スーパーで偉そうな態度を取るお客

会社で苛められていたり苦痛に耐えているのでしょうが、そんなの言い訳にもなりません。そんなに会社で苛められたくなければ独立したら良いのですから。

ただ、それが出来ないからイライラは募るばかりなのでしょう。そのイライラはどこに向けられるのかというと、サービサーに向けられてしまいます。

Sponsored Link

失礼なお客は捨てよう

サラリーマンの人は会社の方針もあるので無理かもしれませんが、自営業者であれば失礼なお客を捨てることは可能だと思います。逆に、失礼なお客を相手にしていたらサービス精神も低下してしまって他のお客さんにも悪影響が出てしまうのでよくありません。

だから、失礼なお客を切り捨てる勇気も必要なんじゃないかと思います。

失礼なお客を切り捨てる勇気

いくら失礼なお客でも、切り捨てるには勇気がいりますよね。それは何故か?

売上が安定しないから失礼なお客を切り捨てられない

一言で言うと、少しでも売上の足しになればと思うことが、失礼なお客を切り捨てられない理由なんだと思います。いつも繁盛しているのであれば、失礼なお客を切り捨てても他の良質なお客さんが商品サービスを購入してくださいますので問題ありません。売上を気にする必要がなくなります。

でも、売上が安定していなければ失礼なお客を切り捨てる勇気を持つことができません。そうやってサービス精神はどんどん低下していき、いずれ精神的消耗が激しくて燃え尽きてしまって廃業してしまうことにも繋がりかねません。

Sponsored Link

失礼なお客を切り捨てるために、稼ぐ力を高め続けよう

結局、失礼なお客を切り捨てる勇気を持てるかどうかは、稼ぐ力が高いか低いかです。つまり収入が高ければお客さんを選ぶことができるし、収入が低ければお客さんを選ぶことができなくなってしまいます。

であれば、保身のためにも稼ぐ力は高め続けておいた方が良いのではないでしょうか。

少なくとも私は、失礼なお客を切り捨てる勇気を持ち続けるために、稼ぎ力を高め続けるつもりです。

おすすめ記事一覧


Sponsored Link