LIG_h_satutabatekkyuu_TP_V

サラリーマンが儲かるとか儲からないという言葉を使っているのを耳にすると違和感を感じます。

そんなに儲けたいならサラリーマンでいたらダメなんじゃね? と思わずにはいられないからです。

Sponsored Link

儲かる≒月収いくら?

私にとって儲かるという言葉は、月100万円以上は最低でも稼ぎ続けなければ発言するべきではないと思っています。どんな言葉を使おうがその人の自由ではあるのですが、サラリーマンが「儲かる儲からない」という言葉を発言しているのを聞くと違和感でいっぱいです。

私の場合は、月100万円前後ぐらいの収入があれば良いと思っていることを経営者のお客さんとの会話で発言したことがあります。その時の経営者の言葉が今でも忘れられません。

「〇〇君は小銭稼ぎをしたいんだね。」

この経営者がどれくらいの月収があるのかは知りませんが、かなり稼がれているんだろうなぁという予想はあります。別に私がこの経営者レベルの思考も実力も持ち合わせているわけではありませんが、それでもサラリーマンの「儲かる儲からない」話を聞くとため息が出てしまうのが正直なところです。

儲ける≒自力で稼ぐこと

個人的には、経営者や自営業者か投資家しか「儲かる儲からない」の話をしてはならないんじゃないかと思っています。だって、サラリーマンって基本的に給料決まっているし会社が儲けた利益のいくらかを配当されているだけでしょ? 自営業者の中には雇われの身の人間もいるけど、オーナーにお膳立てをされて儲けたも儲けられないも無いんじゃないの?

そんなに儲けた儲からない話がしたいなら、自力で稼いでみろやって言いたくなります。それができないから雇われの身でいることを忘れているのでしょうか? それとも現実逃避をしたいだけなんでしょうか? 私の頭の中はクエスチョンマークでいっぱいです。

Sponsored Link

プライベートでは自力で稼ぐ者と雇われ者は交われない

お金に興味が無くなるぐらいお金儲けに成功した人は除いて、少なくとも自力で月収100万円ちょっと稼ぐぐらいの人間は儲け話をするサラリーマンとは仲良くなれそうに無いです。心の中でため息しか出ませんわ。

自分が大きい存在だと思いたいんだろうが、儲けた儲からないの話をしたければまずは自力で1円でもいいから稼いでみな。私は器が小さい人間なので、自力で1円も稼いだ経験がない人間が儲かる儲からない話をすることを全否定します。

おすすめ記事一覧


Sponsored Link