freee151108378726_TP_V

もしあなたが起業か副業で稼ぎたいなら・・・

売ることへの罪悪感を捨てる必要があります。起業家の仕事は売ることなので、売ることに罪悪感を持っていては話になりません。

何かしら売るたびに罪悪感を感じていては、行動にブレーキが掛かってしまいますし心が疲弊してしまいます。

Sponsored Link

なぜセールスマンは嫌われるのか?

売ることに罪悪感を持っている人は、セールスマンが嫌いなのではないでしょうか。

実際、私も以前はセールスマンが大嫌いでした。必要のないものをあの手この手で売りつけようとするセールスマンが大嫌いでした。

でも、今では好きです。あの手この手で必要のないものを売りつけようとするセールスマンにお金を支払うことはありません。何故なら必要がないから。

必要なものを勧めてくるセールスマンはお好きですか?

例えば、あなたがパソコンを買いたいと思ったとします。でも、あなたはパソコンに詳しくないから店員さんにオススメのパソコンを教えてもらいます。必要ないスペックの高額パソコンを勧めてくる店員さんのことは嫌いになるかもしれませんが、あなたのニーズに合わせたスペックのパソコンを勧めてくれる店員さんのことは好きになれそうですし買う可能性も高いですよね?

つまり何が言いたいのかというと、必要なものを勧めてくれるセールスマンを嫌いになる人はいないということです。必要ないものを無理やり売ろうとするセールスマンはセールスマンではありません。本当に愛されて売るスキルも高いセールスマンはお客さんに必要なものを提案して売ってくれるのです。あなたもこういうセールスマンを目指せば売ることへの罪悪感など捨て去ることができるでしょう。

嫌われるセールスマンは必要ないものを無理やり売りつける

嫌われるセールスマンでよくあるのが

  • 高額な布団を無理やり契約させようとしてくる
  • 超優良らしき不動産を無理やり契約させようとしてくる(本当に不動産は存在するのだろうか謎ですが)

のが鉄板だと思いますが、こういうセールスマンは長くは続かないでしょう。会社はセールスマンを入れ替えれば良いだけですが、雇われているセールスマンは精神力が切れた途端に会社の歯車から外されてしまい路頭に迷うことになる可能性が高いです。

Sponsored Link

セールスマンは仕事とお金を運んでくる勇者

会社に仕事とお金を運んできてくれるのはセールスマンです。

セールスマンが商品サービスを売ってくれるからこそ会社にお金が入り、従業員にお給料を渡すことができます。

セールスマンが商品サービスを売ってくれるからこそ会社に仕事が入り、従業員を働かせることができます。

セールスができないなら起業・副業は諦めよう

起業・副業をスタートした当初は社員はあなた一人であることが多いと思います。

その場合、事業にお金と仕事を運んできてくれるセールスマンはあなた一人だということです。商品サービスの質を良くすることばかりに夢中になっても買ってくれる人がいなければ全てが無意味になってしまいます。

あなた自慢の商品サービスをお客に届けるためには、商品サービスの質を維持したり向上させたりするには、売って売って売りまくってお金を稼ぐこと以外にはありません。

セールスするのが嫌なのであれば、起業・副業で成功しようなんて甘い考えは捨てたほうが幸せに生きれるでしょう。

おすすめ記事一覧


Sponsored Link