pak42_udewokumubiz20131223_tp_v

あなたがどんな企業に勤めていようと、どんな役職でいようと、組織に依存していることを自覚しよう。

そして、お給料をもらっていると自覚しよう。

このことを自覚している方が精神的に楽に生きることができるし、私が格好良いと思ったサラリーマンはこういったことを自覚をしているなと思いました。

Sponsored Link

ある元雇われ店長経験者が語る「雇われ店長」という役職

雇われ店長を経験したことがある人が言っていました。

  • 私は雇われ店長を経験したことがある。そこの店舗の売り上げを伸ばし、オーナーからも認められていた。でも、どんなに頑張っても雇われ店長はオーナーを儲けるための駒だし養ってもらっている身なんだよ。
  • 会社員の大半の人達って何で物事を俯瞰して見れないのかな?

この人は「雇われ店長」という会社の役職によって給料をもらっているということを自覚されていました。会社員の大半の人達が俯瞰して物事を見れない理由は、私としてはある程度のレベルに達しないと見えない景色があるからだと思っています。子供の頃に広く見えた公園が大人になって狭く見えたのと同じなんだと思います。

エリートサラリーマンほど組織に依存していることを自覚している

私は普段は接客業をしているので色んな人を見てきていますが、エリートサラリーマンほど組織に依存していることを自覚しているように思います。そして格好良い。レベルが高い人だなって感じます。

外資系企業に勤められている人や、東証一部上場企業に勤められている人等。

彼らは恐らく、身の程を自覚しているから格好良いんだろうなと思います。

自分は自立していると勘違いしている人は格好悪い

逆に、聖職と言われる教師はそうでない人が多いと感じています。私のことを生徒の如く思っているのかと問いたいぐらい態度が大きい人が多いですし(笑)

自分のことを自立していると勘違いしている人は格好悪いなぁと、いつも反面教師として勉強させてもらっています。

そんなに自立しているなら、組織に養ってもらう必要なんてないハズなんだけどなぁ。

Sponsored Link

身の程を知る男は格好良い

私が知る限り、身の程を知る男は格好良いです。逆に、身の程を知らない男はダサいです。会社組織に依存していることを自覚して格好良い男になりましょう。

私もまだまだレベルの高い格好良い男になりたいので、身の程知らずのダサい男にならないように気を付けます。

おすすめ記事一覧


Sponsored Link