MOK_ahiru1vs4_TP_V

YouTubeを何気なく見ていたら、「いじめ」について学生と芸能人が討論する番組を発見しました。

学生側からすると「いじめられる方も悪い」という意見が多く、芸能人側は「いじめる方が100%悪い」という意見でした。

私は、「いじめる方が100%悪い」という意見に賛成ですが、学生側の気持ちも分からなくはないなぁと感じました。

Sponsored Link

「いじめられる方も悪い」は、自分がいじめられるのが怖いから出る発言

YouTubeで見た動画の学生は小学生か中学生か分かりませんでしたが、そのぐらいの年齢の子供って、自分がいつかいじめられるんじゃないかという不安と過ごしているように感じています。

  • 周りと合わせないといじめられるかもしれない
  • クラスのリーダーの子と意見を合わせないといじめられるかもしれない
  • 自分勝手な行動をしたらいじめられるかもしれない

他のクラスメイトがいじめられているのを見て、気付いて思うことは「あぁ、自分がいじめられなくって良かった」そして「本当はいじめは良くないけど、そんなこと言ったら自分がいじめられる可能性が高いから何も言わないでおこう」と思っているのではないかと。

そんな自分の感情を正当化するために「いじめる方が悪いけど、いじめられる方も悪い」と考えるようになる。

YouTube動画を見ていて、そんな風に感じました。

いじめる側の人間は何故、いじめるのか?

私はいじめる人間は

  • 自分が無能ではなく、価値があると感じたい
  • 相手がいじめても仕返ししてこない

からいじめを続けるんだと思っています。

1.自分が無能ではなく、価値があると感じたい

自分がどんなに不幸な人間であっても、自分よりも不幸な人間を見ると落ち着くのが人間という生物です。

学生であれば

  • 親が自分を認めてくれない
  • 親が自分を愛してくれない

社会人であれば

  • 自分が無能なことをバレて会社をクビになりたくない
  • 配偶者もしくは恋人に邪険にされている腹いせ
  • 社会の歯車であることに不満があるけど、歯車から抜けられない苦しみ

から現実逃避するために、いじめをしているのではないでしょうか。自分のことを幸せな人間だと感じているのに他人をいじめるなんて有り得ないですからね。

2.相手がいじめても仕返ししてこない

いじめる側の人間は、誰これ構わずいじめるのではなく、特定の誰かをいじめますよね? まさか、誰これ構わず人をいじめる人間はいないんじゃないかと思います。

それは、いじめようと思ったら仕返しされて痛い目を見る可能性があることを分かっているからです。そう考えると、いじめる人間は、自分がいじめている人間が仕返ししてこないことが分かっているから特定の人間をいじめているわけです。もしくは仕返しされても自分の方が強いと思っていて怖くないから。

いじめられている人間が喧嘩に強くなったら

今までいじめられていたけど、喧嘩が強くなって仕返しできるようになったらイジメは解決されるのでしょうか? 恐らくは、イジメのターゲットが変わるだけです。いじめる側が変わらない限り、次なるターゲットを見つけ次第、イジメは繰り返されるでしょう。

だから、いじめを解決する方法を相談されたら「いじめられている相手よりも喧嘩に強くなったら解決するよ」とアドバイスしたいところではありますが、イジメの根本解決にはなりません。

イジメは永遠に無くならないが、少なくすることはできるのでは?

私はイジメは永遠に無くなることはないと思っています。ただ、イジメを少なくすることはできるのではないかと思っています。

  • 法律でイジメに対する刑罰を厳しくする
  • イジメられたらイジメ返しても良いという教育を広める
  • 親が子供に無償の愛を与え続ける(よって満たされるので、苛める動機が無くなる)

法律でイジメに対する刑罰を厳しくすることは無理だとしても、

  • イジメられたらイジメ返しても良いという教育を広める
  • 親が子供に無償の愛を与え続ける(よって満たされるので、苛める動機が無くなる)

 

ことは、親であれば可能のはずです。

発達障害がある私の子供の教育方針

私には発達障害のある子供がいます。来年は小学生になります。もちろん障害があることによってイジメられる可能性から目を反らすようなことはしません。

なので、イジメられたらやり返しても良いと教育するつもりです。それなりに喧嘩術も指導する予定です。それが正しいことかどうかはさておき、息子が自分の身を守るためには大切なことです。それでもイジメられたら、息子を全肯定しつつ仕返しできるまでサポートするつもりです。

Sponsored Link

結論:イジメは親の教育によって減少させることができる可能性が有る

いじめる側は自分の無能・無価値感を埋めるためにイジメるので、親が子供に愛情を注ぎ続ける事によって減らせるのではないかと思います。

いじめられる側も、親に愛情を注ぎ続けられることと、やられたらやり返しても良いと教育されることによって、イジメられ続けることを回避できるのではないかと思います。

社会人の場合も、子供の頃から親の教育が良ければイジメることもイジメられることも少なくなるのではないかと。

 

「イジメられる方も悪い」という意見について思うところから始まって結論が少しズレてしまった気もしますが、今日はこの辺で。

おすすめ記事一覧


Sponsored Link