OOK9V9A6892_TP_V

生きている理由が分からない・・・だから生きている理由がほしい・・・

私は中学生ぐらいの時に、生きている理由が分からなくなって辛い思いをした経験があります。高校生になるとパソコンを買ってもらってインターネットで生きている理由を検索しまくっていました(笑)

今でもそんなものは見つからず。それは何故かというと・・・

Sponsored Link

生きている理由なんて存在しない

生きている理由なんて存在しませんよね? 生きている理由がある人というのはよっぽど特別な人間なんだと思います。少なくとも私はそんな特別な人間ではないので生きている理由なんてありません。産まれてきてしまったから仕方がなく生きているだけです。あえて言えば、「産まれてきてしまったから」というのが生きている理由です。

生きている理由は存在しないけど自分で決めることができる

私がこれからも生き続ける理由は、

  • 産まれてきてしまったから生き続けるだけ
  • 子供が障害を持って産まれたから、まだ死ぬわけにはいかない

からです。

特に誰かに私が生きている理由を決められる筋合いはありませんし、私もあなたの生きている理由を決め付ける筋合いはありません。というよりも、そもそも存在しませんよね? 生きている理由なんて自分で決めれば良いのではないでしょうか?

何故、私を産んだのか? 親に聞いてみた結果

実は私、親に聞いてみたことがあるんです。「何故、私を産んだの?」と。すると親は「そんなこというなら死にんさい!!」と何故か怒ってしまっていました。きっと、自分を否定された気になったんじゃないかなぁと思います。親として未熟な触れられたくない部分に触れたんだと思います。

学校を卒業して会社に就職して結婚して子供を産んで一人前という意味不明な世間の価値観に沿って世間体を気にしながら従いながら生きてきただけなのでしょうから。その結果、私が産まれたという(笑)

そんな私に子供がいる理由を知りたいですか? それは、子供がデキたからです(笑) そんなもんじゃないですかね、人生なんて。

Sponsored Link

結論:生きている理由は自分で決めよう

  • 産まれてきてしまったから、死ぬのも怖いし仕方がなく生きよう
  • プロ野球が大好きだから、野球を見続けるために生きよう
  • 子供を大切にしたいから生きよう
  • 大切な人を悲しませたくないから生きよう
  • 自分の願望を達成するために生きよう

理由なんてなんでも良いはずです。少なくとも、あなたの生きる理由はあなたにしか意見する資格は無いはずです。学校の教師や会社の上司、たとえ親であっても意見する資格は無いと私は思っています。

人生なんて死ぬまでの暇つぶし。どうせ産まれてきてしまったからには、自分が生きている理由は自分で決めようじゃありませんか。その方がきっと、満足のいく人生を生きることができると思います。

おすすめ記事一覧


Sponsored Link