529487

  • 友達はいらない
  • 友達は少ない方がいい
  • 友達は多い方がいい

色んな意見があります。私個人としては「友達はいてもいなくてもどっちでもいい」と思っています。無理して友達増やしたくないし、無理して一人でいたいとも思いません。

さて、友達って一体何なのでしょうかね? 友人が一人しかいない私なりに友達の本質を考えてみました。

Sponsored Link

友達はいらない理由

友達がいらない理由は、

  • 一人の時間が好きだから
  • 他人に意見を合わせるのが嫌だ
  • 自分の意見に反対されたら心が傷つく

が考えられます。

一人の時間が好きな人

一人の時間が好きな人は確かに友達はいらないと思います。逆に、友達ができると不幸になるかもしれませんね。

他人に意見を合わせるのが嫌な人

意見を合わせないといけない友人は私も勘弁です。違う意見をそれぞれが認め合う友人関係なら素敵だなと思いますが。

意見が違ってもお互いの事を認め合える関係なら、それは友人関係と言えるでしょう。

自分の意見に反対されたら心が傷つく

友達が本当は欲しいんじゃないかな? まずは豆腐メンタルが改善できれば良いですね。

友達は少ない方がいい理由

友達が多ければ多いほど、本音で話せる友達の数は少なくなってしまう印象があります。本音で話せる友人関係を築きたいなら、嫌でも友達は少なくなりますよね。

友達が少ない方がいいと思っている人は、恐らくは本音で話せる友人のみ友達と認めているのでしょう。逆に、本音で離せない関係は友人とは認めていないのでしょうね。

友達は多い方がいい理由

友達が多い方がいい理由って何でしょう。寂しがり屋さんなんじゃないかなって個人的には思っています。もしくは友達が多い方が良いという価値観を信じて疑ってない人ですね。

ただ、友達が多い方が良いと思っている人に限って本音で話せる友人が一人もいないような印象があります。

友達関係を続ける理由と条件

一人の人間と友達で居続けるためには、何が必要でしょう?

私の意見としては、【お互いが本音で語り合って楽しい気持ちになれること】じゃないかと思っています。

楽しい気持ちって言うとあやふやになりそうですが、具体的には

  • 一緒にいると新しい知識がもらえるから楽しい
  • 一緒にいると新しい気付きが得られるから楽しい
  • 知識も気づきも得られないけど一緒にいると楽しい

といったことになるのでしょうか。

逆に、

  • 一緒にいると新しい知識がもらえるけどイラつく
  • 一緒にいると新しい気づきが得られるけどイラつく
  • 知識も気づきも得られず、一緒にいると不快

な関係だと、友達ではありませんよね? こんな友達関係があるなら捨てた方が楽しく生きれるような気がします。

そう考えると、友達関係を続けるには【お互いが一緒にいて楽しい】ということが条件になるように思います。

Sponsored Link

友達の本質は「お互いにとって良い関係」

友達とは、つまるところ「お互いにとって良い関係」なんじゃないかと思います。

お互いもしくは片方にとって嫌な関係であれば、それはもはや友達関係にあるとは言えません。仕事ならまだしも、プライベートで嫌な気分になるだけの【メリット<<デメリット】の人間関係なんて無駄なので、今すぐ関係を切った方が良いでしょう。

もちろん、これらの意見はあくまでも私個人のものであって、正解は人それぞれなのだと思います。あなたの正解はこの記事ではなくあなたの心にあるハズですが、それでも何か一つでもあなたのお役に立てれば幸いです。

おすすめ記事一覧


Sponsored Link