PAK_OO0I9A4202_TP_V

先日、YouTubeでニートのドキュメンタリ動画を拝見しました。そして「働いたら負け」という言葉が出てきて、「何故?」と私の頭の中はクエスチョンマークで一杯になりました。

私は過去にニートを自称していた時期があります。今はニートを自称していませんが、ニートや引きこもりの人と同じような生活をしています。ただニートや引き籠もりと呼ばれる人と違うのは自宅で引き篭りながらお金を稼いでいるということ。SEOアフィリエイトという怪しいビジネスと実業をしていますが、どちらとも自宅で引き篭りながら仕事しています。(ちなみにこのブログはストレス発散と、あわよくばお小遣い稼ぎが目的です)

Sponsored Link

あるお客さんに自称ニートを語ると否定された過去

私は、あるお客さんに自分はニートみたいなものだと話したことがあります。全否定されてしまいましたが。

何故、私がニートを自称していたのかというと、確かに仕事してお金は稼いでいるかもしれませんが、何も知らない人からしたら引き籠もりにしか見えないように感じたからです。

「何故、ニートや引き籠もりの人は悪口を言われているんだろう? 俺みたいにお金稼いでおけば悪口言われないのに。」

当時の私は本気でそう思っていました。いや、今でもそう思っている部分はあります。資産数百億円の投資家BNFさんもテレビでは番組企画としてニート扱いされてましたしね(笑)

ニート・引き籠もりと私の違い

お金を稼いでいるかどうかの違いじゃないでしょうか。

私は組織に雇われずに個人で稼いでいるので自力はそれなりに身に付きます。雰囲気もそれなりに身に付きます。

でも、ニートや引き籠もりの人は組織に雇われずに個人でも稼ごうともしていないのでお金がないだけでなく、修羅場を経験することも無いのではないでしょうか。(勝手な憶測ですが) 修羅場を経験しないので実力が身に付かず、それは顔として声として雰囲気として表れます。年齢を重ねれば重ねるほど、その差は顕著に表れるように感じます。

「会社員か公務員として働く=正解」の風潮がニート・引き籠もりを増やすのでは?

個人的に思っていることですが、会社員や公務員として働くのが正解だと学校教育で教え込むことがニートや引き籠もりの人を増やしてしまっていることに繋がるのではないでしょうか。組織で働くことが大嫌いな私からしたら、私も自力で稼ぐ力を身に付けなければ本当のニート・引き籠もりになっていた可能性もあるように感じています。

学校という後ろ盾に守られている教師がビジネスを教えても説得力がないかもしれませんが、それでも義務教育として必須科目にすることで「あっ、自営業や会社経営や投資という生き方もあるんだな」と子供の頃に気付かせてあげることが大切な様に思います。

自力で稼ごうという気概があれば、「働いたら負け」なんて言葉は無くなるのでは?

ニート・引き籠もりの人は「働いたら負け」だなんて心の奥底では思っていないのではないでしょうか。自力で稼ぐという選択肢があれば「働いたら負け」なんて言葉は思い浮かばないのではないかと思うのです。

つまり、「嫌いな会社や嫌いな上司の下で働いたら負け」と思っているだけということです。「好きな会社や好きな上司の下で働いたら負け」なんて言葉は違和感覚えますよね? そういうことです。好きな会社や好きな上司に恵まれないなら、簡単なことではありませんが創業経営者になるか創業自営業者になればいいのです。でも親が会社経営者や自営業者でない限りは、その選択肢に気付く可能性は低くなるでしょう。

Sponsored Link

ニート・引き籠もりに伝えたい「自力で稼いで周囲を黙らせたら?」

私はニートも引き籠もりの人も否定しません。しかし、資本主義社会で生きていくのに大変だろうなぁとは思います。何が悲しくて周囲に舐めた口を聞かれて生きているのか分かりません。お金がないので不安も大きいのではないでしょうか。それだったら、自力で稼いで周囲を黙らせたほうが得策だと思うのです。

もちろん、自力で稼ぐには実力も身に付けないと稼げないので大変です。初めの1円を稼げるまでは特に大変です。自力で稼げるようになってもツマラナイと感じる仕事をしなければならない事も多々あります。修羅場も幾つか経験するでしょう。

こうした大変な経験なんてしたくないと思うかもしれませんが、実力が付いていくので難しかったことが以前より簡単にこなせるようになるので大丈夫です。私程度の実力でもニート・引き籠もり扱いされなくなるでしょう(笑) お金も稼げます。良いことだらけです。

最後にもう一度お伝えします・・・「自力で稼いで周囲を黙らせたら?」

おすすめ記事一覧


Sponsored Link