061

面白い本に出会いました。「ネガティブな感情が成功を呼ぶ」という本です。

まだ一章しか読んでいませんが、気付きがあったのでシェアしたいと思います。

ネガティブ思考は悪なのか?

よく、ポジティブ思考が良いなんて言われていて、
ポジティブに物事を考えていれば、嫌なことは起こらないと自己啓発本では書かれていますよね。

  • 「引き寄せの法則」
  • 「鏡の法則」
  • 「思考は現実化する」

とか色々ありますが、私はどれも半分信じて半分疑っています。

で、ネガティブ思考に関しては、なるべく考えないようにポジティブに考えるように促されていますが、
今回読んでいる本には、ネガティブなことはあって当たり前。ネガティブな考えがあったほうが人生がより良い方向に向かうこともある。

ということが書かれています。

あなたは嫌なことを受け止める力がどれくらいありますか?

この本には、嫌なことを受け止める力があれば、
幸せな人生を歩みやすいと書かれています。

ポジティブ思考の人にだって、

  • 親との死別する時は必ずくる
  • 恋人と別れたり、配偶者と離婚することもある
  • 一時的に貧乏になってしまうこともあるかも知れない

そんな時に、こういったネガティブな出来事や感情を
受け止める力が強ければ、対策が打てます。

逆に、受け止める力が弱ければ、ただただ打ちひしがれるのみ・・・

まだまだ一章しか読んでいませんが、
非常に大きな気づきがあったのでシェアさせていただきました。

ポジティブ馬鹿にもネガティブ馬鹿にもならないようにしなければですね。
生きていれば、良いことも嫌なことも必ず起こりますから・・・

ネガティブな感情が成功を呼ぶネガティブな感情が成功を呼ぶ
ロバート・ビスワス=ディーナー (著), トッド・カシュダン (著), 高橋由紀子 (翻訳)

おすすめ記事一覧