元プロ野球選手の新庄剛志さん「しくじり先生 俺みたいになるな!!」に出演されていました。

私は新庄剛志さんが現役のプロ野球選手だった頃はファンではありませんでしたが、それでも今回の番組では非常に役立つ教訓を教えていただきました。

Sponsored Link

新庄剛志さんのしくじりは金銭トラブル

大リーグ3年間と日本プロ野球復帰後の収入22億円(税金支払い後の総額)を失われていたことを明かされていました。

新庄剛志さんが「僕のことを息子と思っていた」と発言するほど信頼していた、会社経営者Aさんにお金の管理を全面委託していたのが運の尽き。17年間の現役生活を終え、バリ島へ移住しようと思った際、「税金が半分として22億円は残っているだろう」とAさんに残高を聞いたところ「2200万円しかない」と告げられるという・・・

しかも、その原因がAさんの会社経営への資金流用だったことが判明(笑)

裁判によって8000万円は戻ったみたいですが、その後はAさんが破産手続きを完了したことで裁判が終了したという・・・(笑)

それでも、新庄剛志さんは強く生きていけるのでは?

新庄剛志さんは元々、プロ野球選手として人生を捧げているわけではなく、他の分野にも幾つか精通されている分野があるみたいです。「絵を描いて売る」なんてこともされているという(笑)

失われた総額22億円を稼ぎ直すのは不可能に近いとは思いますが、それでも何かしらのスキルや今まで積み上げてきた実績と知名度があるので、仕事が無いということはないでしょう。

Sponsored Link

本当の資産は稼ぎ続けるスキルだ

プロ野球選手としても異色が際立ち知名度が高かったということもあるのでしょうが、新庄剛志さんには仕事が無くなるということはないのではないでしょうか。今まで積み上げてきた実績と知名度と、何かしらのスキルによって、これからも新庄剛志さんはお金を稼ぎ続けるでしょう。

実力もないのに運良くお金が流れてきただけであれば、【お金=資産】となっていたのでしょうが。

さらに、服装も安く格好良いコーディネート術を覚えたそうなので、支出も抑えることができているのでしょう。これは難しいとされている生活レベルを落とすということになるので、平然とされているのは非常に凄いなぁと思います。まぁ、元々の性格もあるのでしょうけど。

私は新庄剛志さんのしくじり経験には【お金を稼ぎ続けるスキル+支出を抑えるスキル=資産】ということを再確認させて頂きました。

  • 資産は年に1~2回は自分でチェックしたほうがいい
  • 他人に資産を任せっきりになるな

という新庄剛志さんの教えは、当たり前過ぎて学びにもなっていません(笑)

おすすめ記事一覧


Sponsored Link