_shared_img_thumb_TAN_uwanensyuhikusugi_TP_V

私たちは子供の頃は親に育てられます。これは当然のこと。でも、大人になったらどうでしょう?今度は親ではなく会社に養ってもらっているようにしか思えません。確かに労働はするのですが、自力で稼ぐことができないから会社に働く環境を提供してもらうしかないのです。

なぜ日本ではこういうシステムの中で生きていく人が多いのか考えてみました。(日本に限らずではありますが)

Sponsored Link

学校でお金の稼ぎ方を教えてもらっていない

私たちは学校で勉強を教わりますが、お金の稼ぎ方は教えてもらえていません。というより、教師も自力で稼ぐ術を知らないので教えようがないというのが正解だとは思います。だから良い会社に入るか公務員になることが良い人生を過ごせる道だと教えられるのです。でも彼らも幸せな人生を過ごしているかどうかは別の話ですが。

親にお金の稼ぎ方を教えてもらっていない

私たちの親はどうでしょうか?親が自営業者だったり経営者だったり投資家だとお金を自力で稼ぐ術を教えてもらえるのでしょうが、親が公務員やサラリーマンだった場合、教えてもらうことができません。なぜなら知らないから、やったことがないから。

親が自営業者、経営者だったとしても注意が必要です。創業者かどうかもポイントになります。創業経営者と2代目をそれなりに見てきましたが、二人には埋めようのないレベルの差があることが多いです。一代でそれなりの地位を築いてきた人は「狂気」とも言えるようなオーラがあります。二代目にはそれがないことがほとんどです。

また、本当に実力があって稼いでいる人もいれば、たまたま稼げただけの人もいるので、本当に自力で稼ぐ実力を持った人から教わらないと人生が終わってしまうかもしれません。そう考えると親にお金の稼ぎ方を教えてもらえる人は本当にひと握りなんだと思います。

Sponsored Link

世間が公務員やサラリーマンになることを自立としている

世間としては公務員になることやサラリーマンになることは自立することだと教育しています。皆が自力で稼ごうと思ったら、稼げない人続出で日本が死んでしまう危険性が高いからじゃないかと私は勝手に思っています。でも、公務員やサラリーマンも本当は知っているんです。自力で稼いでいるんじゃなくて、会社や国の雇用システムに養ってもらっているだけだと。

本当に公務員が嫌ならサラリーマンが嫌なら脱サラして自力で稼いで生きていけばいいんです。それができないから仕方がなく公務員やサラリーマンを続けているんです。だってお金を自力で稼ぐ術を教えてもらってないし知らないしスキルがないから。

自立なんてしなくてもいい

ここまで書いておいて何ですが、私は別にサラリーマンになることも公務員になることも心の底から否定しているわけではありません。ただ、こういう連中が自立を口にする人が多いことに違和感を覚えるのでこうした記事を書いてみました。私からしたら「依存している人が何言ってるの?」と思えてならないのです。

別に会社や国の雇用システムに依存することを否定しているわけじゃありません。でも、依存者が自立を口にするとそれはそれで違和感があります。

きっと諸悪の根源は「自立しなさい」と教育されてきていることにあるんだと思います。自立を促して依存者になる道を推奨する教育に問題があるんだと思います。なので、私は声を大にして言いたい。「自立なんてしなくても良い。そのかわり自立を口にするな」と。

それでも自立したいなら副業から始めて、自力でお金を稼ぐ術を身に付けないとね。

おすすめ記事一覧


Sponsored Link