_shared_img_thumb_YO150301560I9A0910_TP_V

そんなに人生は(世間は)甘くないぞ! もっと現実的に生きろ!

お前がもうちょっと●●だったら手伝ってあげるのに。(こういう輩は絶対に手助けしてくれません)

副業を始めようと思ったり起業しようとすると、ドリームキラーという人種が必ずやってきます。

あなたの周りにもいませんか? こういった邪魔者というか、ドリームキラーというか。自分の思ったことが全て正しいと思っているバカ。

自分が思ったことが正しいと思うのは自由なのですが、他人に対して舐めた口を聞くバカが。

今日は「ドリームキラーは何故、人の邪魔ばかりするんだろう?」とふと疑問に思ったので、ドリームキラーの正体を暴いてみたいと思います。

Sponsored Link

ドリームキラーの正体

自分は本当はダメ人間。でもそれを隠したい

ドリームキラーは自分が本当はダメ人間なんだと自覚しているんだと思います。でもそれを自分で完全に認めたわけじゃない。でもそれを認めたくない。

だからいつまでも他人を認めることなく、デキる人間も認めることなく自分の人生や考え方を正当化したいのでしょう。

自分がダメ人間だから、周りの人間もダメ人間であってほしい

ドリームキラーは自分がダメ人間だと自覚しているので、他人にもダメ人間であってもらわないと自分を保てない人間です。ダメ人間であることを認めて、そんな自分を自分で許してあげて、それでも自分のレベルを向上させるための努力を惜しまない生き方をしたら他人を邪魔することはなくなると思うのですが、彼らからするとそんなこと夢にも思っていないのでしょう。

自分を高める努力をすることなく、他人の邪魔をすることで自分の居場所を確保し続けようとする。それがドリームキラーの正体です。

自分がダメ人間なのは知ってるけど、それでも自分を正当化したい

ドリームキラーはとにかく「今の自分」を正当化しようとします。自分の実力の低さを認めようとせず、今の自分を正当化したいのです。詰まるところ、クソみたいな人間なのです。

Sponsored Link

ドリームキラーは手の届かない人間のことは認める

ドリームキラーは他人のことをなかなか認めようとしませんが、自分の手の届かない地位を獲得していると思える人間のことは認めるようです。つまり、ドリームキラーに邪魔されているうちはドリームキラーの手の届く地位までしか上り詰めていないと思われているということです。つまり舐められているんです。

ドリームキラーを排除するには2つの方法しかない

ドリームキラーを突き放すには、

  • 関わるのを止める
  • 手の届かないところまで突き進む

この2つしかありません。

一番簡単なのは「関わるのを止める」こと。手の届かないところまで突き進むことができたら関わっても良いかもしれませんが、関わる理由が既にありません。

まとめ | ドリームキラーは弱者だから関わらないようにしよう

ドリームキラーほど可哀想な人間はいません。「自分の弱さを自覚しておいてそれを隠し、認めれず、他人にも弱くい続けて欲しい人間」それがドリームキラーの正体です。こんな人間と関わることほどあなたの時間の無駄になることはありません。

副業or起業して稼ぎ続けるためには、今すぐドリームキラーとは関わらないようにしなければなりません。でなければ、あなたの精神と時間は徐々に蝕まれていくでしょう。

おすすめ記事一覧


Sponsored Link